Edipit

  • お問合せ
  • プライバシーポリシー

3dlutcreatorブログ

CalMAN v5.7.2インストーラー&アクティベーション方法について

2017.02.24
CalMAN v5.7.2アクティベーションとインストーラー情報(2017年3月16日 オフィシャルリリースをアップデート致しました)
CalMAN 2016 Rev 2 Version: 5.7.2 Build: 60 Official Release: February 16th, 2016
■インストーラーのダウンロード

CalMAN RGBインストーラー.exe
CalMAN Studioインストーラー.exe
CalMAN Ultimateインストーラー.exe
CalMAN Studio日本語版インストーラー.exe

 こちらはCalMAN Studio日本語版ユーザー専用です。
 メニューを英語/日本語に切り替え可能ですが、一部は英語が混在しています。
 日本語ワークフローが含まれていますが、アップデートはありません。段階的に英語版への移行を推奨致します。
■CalMANドライバーとClient3(従来と変更はありません)

CalMAN_DriverPack_v2.4.msi
●CalMAN Client3
 -Mac版
 -Windows版
■CalMAN v5.7.2はMicrosoft.NET Framework 4.6が必要です。.NET Framework 4.5の場合はアップデートしてください。

Microsoft.NET Framework 4.6 フル-インストーラー(ファイル サイズ: 59.1 MB)
 インターネットに接続できず Web インストーラーが使用できない場合のオフライン パッケージです。
Microsoft.NET Framework 4.6 Web-インストーラー(ファイル サイズ: 1.4 MB)
 Web インストーラーは、特定のプラットフォームに適用可能なコンポーネントのみを自動的に判別してダウンロードする小さなパッケージです。

-又はMicrosoftの.NET Framework のインストールPageをご参照ください。

■既存CalMANユーザーのアクティベーションの方法

既存ユーザーは旧CalMANをアンインストールし、v5.7.2をインストールすることでライセンスを引き継ぐことになっておりますが、旨く引き継ぎできない場合があります。その場合の対処方法は以下の通りです。もしもポートレイトディスプレイ社からリターンメールが無い場合はお手数ですがEDIPIT迄御問合せ下さい。

①以下のポータルサイトにアクセスします。
https://aquaman.portrait.com/customers/Default.aspx

②「Forget your password」をクリック


③ご購入時のご担当者様E-Mailを入力して「Find my account information」をクリック

④ポートレイトディプレイ社からユーザーアカウント情報がメールで送られてまいまります。
 Customer IDとPasswaordがポータルサイトへログインできるログインアカウント、
 License IDとActivation PasswordがCalMAN v5.7.2へインプットするライセンス番号です。

⑤インターネットに接続した環境でLicense IDとActivation PasswordをCalMAN v5.7.2の初期画面でインプットし、Activation Onlineをクリックしてください。

もしもポートレイトディスプレイ社からの返信メールが無い場合はエディピットのサポート迄ご一報ください。


■CalMAN動作システム要求スペック

- Windows 7 SP1,Win 8, Win 10
- 2 GHz Dual Core Processor以上推奨
- 4 GB RAM以上推奨
- Microsoft® .NET Framework 4.6 or higher
 


CalMAN 2016 Rev2 v5.7.2オフィシャルリリース

2017.02.20
SpectraCAL CalMANの新しいバージョンがオフィシャルリリースとなりました。
新しいライセンス認証方法とPanasonic DX950 HDR自動キャリブレーションを正式サポート致しました。

CalMAN 2016 Rev 2 Version: 5.7.2 RC2 Build: 48
Official Release: February 16th, 2016
 
■新しいライセンスマネージャ

- CalMANのライセンスマネージャが強化され、セキュリティと利便性が向上しました。
- 既存のライセンスは、CalMAN 2016 Version 2を初めて起動したときに自動的に新しいライセンス方式にアップグレードされます。
- 新しいライセンスポータルでは、顧客アカウントとライセンスを表示および管理できます。

 
■メーターの追加サポート

- CRI CR-300分光放射計
- TopCon BM-7A比色計(国産)http://www.topcon-techno.co.jp/products/op_meas/bm-7a.html
- TopCon RS-3AR分光放射計(国産)http://www.topcon-techno.co.jp/products/op_meas/sr-3ar.html
- JETI Spectraval 1501分光放射計
- SpectraCal C6(およびC6-HDR)メーターモード(ターゲット表示タイプ)ドロップダウンのエントリの新しいエントリと新しい名前

■ディスプレイの追加サポート

- Panasonic DX950ディスプレイ
  グレースケールとCMSのHDR自動キャリブレーション(AutoCAL)を正式サポート
- Ruige(国内未発売)
  パターンジェネレータとディスプレイとしてRuigeのサポートが追加されました。
- EIZOディスプレイ接続がより改善されました。
 
■3D LUTサポートデバイスの追加と機能向上:

- Flanders Scientific BoxIO
 1D LUT、3D LUT、および内部テストパターンのサポート。
 1D LUTまたは3D LUTが選択されたメモリスロットに書き込まれると、LUTはディスプレイ出力と内部パターンジェネレータ出力の両方に書き込まれます。
 LUTは、[ソース設定]タブの内部パターンジェネレータ出力に対して個別に有効または無効にすることができ、LUTの検証時に柔軟性があります。
 ファームウェア1.45が必要です。

- ブラックマジックデザイン TeranexMini
 SpectraCal Cube Generatorに3D LUTエントリを追加

- Atomos Shogun Infernal、Shogun Flame、Shogun Studio、Ninja Flame、Ninja Assassin
  手動でロード可能な3D LUT、内部テストパターンのサポート

- MurideoプリズムLUTボックス
  CalMANによる1D LUTのサポートと自動ロードLUTの追加

- Lumagen Radiance Pro(国内未サポート)
  HDRパターンジェネレータのサポートが追加されました。
  これはパターンジェネレータのサポートのみです。
 Radiance ProでHDR AutoCalをまだお勧めしていません。
- Lumagen Radiance(国内未サポート)
  Lumagen RadianceのDDCコントロールに新しい709 CMS Modeドロップダウンを追加しました。
Studioダウンロード:http://calman.spectracal.com/calman-studio-download.html
Ulutimateダウンロード:http://calman.spectracal.com/business-download.html


 

カラースタンダード(MEMO)

2016.10.17
●カラー ガマット
sRGB/BT.709:一般的なコンピューターおよび高解像度(HD)ビデオ用の標準のカラー ガマットです
AdobeRGB:プロの写真家がよく使用するガマットで、sRGB と比べて緑色のガマットが広くなっています
BT.601:NTSC およびPAL の標準画質(SD)ビデオ用の標準カラー ガマットです
BT.2020:スーパー ハイビジョン(UHD または4K)の一般ユーザー向けテレビ用のカラーガマットです
DCI P3:Digital Cinema 映像用の標準カラー ガマットです

●白色点
D65:グラフィックス アート、写真、およびSD/HD/UHD テレビの撮影/撮影後作業用の標準的な白色点です。また、一部のDigital Cinema 映像作業でも使用されます
D50:従来の印刷およびプリプレス業界用の標準的な白色点です
D55:従来の映画制作用の標準的な白色点です
DCI-P3:DCI ベースのDigital Cinema 映像作業用の標準的な白色点です
D93:日本独自の白色点です。プロフェッショナルスタジオでは、D93とD65をコンテンツにより使い分けをしています

●ガンマ
2.2:一般的な用途向けの標準的なガンマです
2.4:やや暗い部屋でのビデオ用途向けの標準的なガンマです
2.6:非常に暗い部屋でのDigital Cinema 用途向けの標準的なガンマです
1.8:前の世代のMac システムで使用されていた旧式のガンマです

●輝度
250 cd/m2(カンデラ毎平方メートル):非常に明るい環境に適しています
150 cd/m2:平均的なオフィスや自宅の照明に適しています
120 cd/m2:ビデオの撮影後作業で使用される暗い照明に適しています
80 cd/m2:これも、ビデオの編集後作業で使用される暗い照明に適しています
48 cd/m2:映画の撮影後作業やデイリーの確認で使用される暗い環境に適しています

●プリセット・スタンダード
 
プリセット名 赤プライマリ 緑プライマリ 青プライマリ 白色点 ガンマ 輝度
u’ v’ u’ v’ u’ v’      
sRGB 0.451 0.523 0.125 0.563 0.175 0.158 D65 sRGB 250 cd/m2
AdobeRGB 0.451 0.523 0.076 0.576 0.175 0.158 D65 2.2 250 cd/m2
BT.709 0.451 0.523 0.125 0.563 0.175 0.158 D65 2.4 100 cd/m2
BT.601 0.432 0.525 0.130 0.562 0.175 0.158 D65 2.4 100 cd/m2
BT.2020 0.557 0.516 0.056 0.587 0.159 0.126 D65 2.4 100 cd/m2
DCI P3 0.496 0.526 0.099 0.578 0.175 0.158 P3 2.6 48 cd/m2

SpectraCAL HDRシステムサーベイ

2016.09.10

次世代_UHDTVシステム/HDR/WCG システム調査(SpectraCALのTom Schlte, Joel Barsotti著)のテクニカルペーパーの日本語訳をダウンロード頂けます。一部の図表が見にくい箇所がありますので、英語の原本と一緒にダウンロードしてご覧ください。ハイダミックレンジとワイドカラーガマットに関する技術や動向について幅広くリサーチされています。

エディピット ダウンロードページ
http://www.edipit.co.jp/download/

CalMAN w/Canonファームウエアアップデート2016

2016.03.04

CalMAN Studio及びCalMAN UltimateはCanon DP-V3010並びにDP-V2410の3DLUTキャリブレーション結果(CANON CLUT)をUSBメモリー経由から直接ディスプレイへアップロードが可能となります。またガンマ2.2に固定される制約がありましたが、制限が無くなりました。
このアップデートはキヤノンが2016年7月公開を予定しているファームウエアアップデート2016及びCalMAN v5.7(2016年6月初旬)により実現致します。





エディピットではお客様のご利用ニーズに合ったキャリブレーション製品をご提案させて頂きます。

お見積りやデモンストレーションのご希望がありましたらご遠慮なくお問い合わせ下さい。
 

CalMAN w/Canon DP-V3010 4K キャリブレーション

2016.03.04

CalMAN Studio及びCalMAN UltimateはCanon DP-V3010並びにDP-V2410の3DLUTキャリブレーション結果をCANON CLUT形式で作成できます。
CANON CLUTはUSBメモリー経由でCanonモニターへ適用します。
 
■Canon DP-V3010 w/CalMAN HDRディスプレイキャリブレーション構成図


 メンテナンス中


 
■CANON DP-V3010 w/CalMAN ディスプレイキャリブレーション構成図



エディピットではお客様のご利用ニーズに合ったキャリブレーション製品をご提案させて頂きます。

お見積りやデモンストレーションのご希望がありましたらご遠慮なくお問い合わせ下さい。
 

CalMANダイレクト・ディスプレイ・コントロール(DDC)国内対応状況確認リスト

2016.02.24

SpectraCAL CalMANディスプレイキャリブレーション・ツールの主な特徴は以下の通りです。

-GUIがビジュアル
-パターン化された操作ナビゲーションで操作が簡単
-ワークフロー(テンプレート)により順番に画面を送ることでキャリブレーションが可能
-PCモニター、プラットパネル、マスターモニター、プロジェクター、ビデオウォール、3DLUTプロセッサー迄対応
-ダイレクト・ディスプレイ・コントロール(DDC)により対応する機種の自動キャリブレーションが可能
-3DLUTキャリブレーション

この中で、ダイレクト・ディスプレイ・コントロール(DDC)機能はディスプレイを直接コントロール(バックライト調整等)したり、ディスプレイ・キャリブレーションの自動化と、プロセッサーへ3DLUTをダイレクトにアップロードすることが出来ます。
これはキャリブレーション作業を大幅に省力化することができますので、対応デバイスをお持ちのユーザー様やこれから購入されることを検討中のお客様に是非ご参考にして頂ければと思います。
  
ダイレクト・ディスプレイ・コントロール(DDC)機能はSpactraCALが製造メーカーとNDA(守秘義務)契約を行って通信プロトコルを元に開発する場合と、Web等で一般に公開している通信プロトコルを元に開発する場合の2種類があり、主にRS-232もしくはIPベースのEthernetでCalMAN PCと接続します。

CalMANソフトウェアのディスプレイコントロールTABに掲載されている製造メーカーと型番モデルは、北米、ヨーロッパではポピュラーでも日本国内では聞いたことも無いようなメーカーも幾つか存在しています。また国内メーカーのモデルも国内では未発売であったり、型番が異なる物もあります。

国内での対応状況をリストに纏めましたのでご参考にご利用下さい。(2016年3月14日アップデート)

製造メーカー側の通信プロトコルが変更されたり、CalMANソフトウェア側のチェック漏れ等で掲載モデルが動作しなくなる場合もあり得ますが、国内メーカーのご協力の元、対応製品の動作確認を行ってまいります。特に、JVCケンウッドのプロジェクター、SHARPビデオウォールについては現在調整中です。





 

Canon DP-V3010 HDRキャリブレーション訂正事項

2016.02.22


CANON DP-V3010のHDR対応状況とHDR-10ディスプレイキャリブレーションと題した構成図に誤りがありましたので訂正致します。
LightSpaceCMSとDP-V3010は既にST2084に対応しておりますが、HDR-10は春先ファームウエアのアップデート待ちとなります。(LightSpaceCMSは既に対応済)

また、DP-V3010 + HDR対応プローブは1,000Nitsをカバーするプローブであれば対応可能です。
KonicaMinolta CA-310、CA-310Mを推奨

CalMAN HDR-10対応QunatumData 804インプレッション

2016.01.31

SpacetraCAL CalMAN v5.6.1がHDR-10対応のパターンジェネレーターとしてQuantumData780及び804をサポートしたのを機に国内の正規輸入代理店であるリーダー電子株式会社(横浜市)様よりQuantumData804をお借りして基本的な動作確認を行う機会を頂きました。リーダー電子株式会社は国内有数の電子計測器の専業メーカーにて製品マニュアルもしっかり日本語で用意されており、保守サポートについても非常に安心感があります。

※HDR-10のフルテストには対応するリファレンスモニター(ソニーX300及びキヤノンDP-V3010/DP-V2410)、UHD Premiumに対応した民生パネル(パナソニックが発表した新型「DX900」、ソニーBacklight Master Driveのモデル)等、各種条件を揃えてから再度テストする機会を得たいと思います。

CalMAN LapTopとQuantumData804はUSB接続ですが、ドライバーがINFファイル形式で「サードパーティーのINFデジタル署名情報が含まれていません」とのエラーになる場合があります。

この場合は、ドライバ署名の強制を無効にしなくてはなりません。



Windows8.1Proの場合、
チャーム➡保守と管理➡回復➡PCの起動をカスタマイズする➡今すぐ再起動するを選択します。
オプションの選択画面より「トラブルシューティング」を選択
トラブルシューティング画面より「詳細オプション」を選択
詳細オプション画面より「スタートアップ設定」を選択
スタートアップ設定画面より「ドライバー署名を強制しない」を選択(カーソルで選択するかF7」キーを押します)して画面右下の再起動ボタンを押します。
以上によりQuantumData804のドライバーをインストールすることが可能となります。

QuantumData804のHDR-10対応ファームウェアはver.15092260となっていますので、未対応の場合はアップデートが必要です。
QuantumData社のダウンロード先:http://www.quantumdata.com/downloads/index.asp


QunatumData804をソースセッティング出来たら、HDR-10にチェックを入れるとHDR詳細設定がアクティブになります。EOTFでジェネレータからのHDR-10アウトプットを以下の3種類から選択します。

-HDR-10 SDR
-HDR-10 HDR
-SMPTE ST 2084

DisplayのルミナンスはMAX 10,000迄スライダー設定が可能です。
実際の処、ハリウッドの映画のHDRグレーディングでは4000cd/m2が限界とされています。(米Dolby Laboratories社のPULSARディスプレー)

HDRテレビ「Ultra HD Premium」のルミナンス規格は以下の通りです。




 【解像度】3840×2160
 【画像の正確性】10ビットの入力信号に対応
 【色空間】
   ・入力信号: BT.2020の色の規格に準拠
   ・表示装置の再現能力: P3の色空間の90%以上を再現

 【High Dynamic Range】
   ・EOTF: SMPTE ST2084に対応
   ・最高輝度と黒輝度の規定(下記の2つの組み合わせのいずれかを満たす)
   ・最高輝度1,000cd/m2かつ黒輝度0.05cd/m2以下(液晶など)
   ・最高輝度540cd/m2かつ黒輝度0.0005cd/m2以下(有機ELなど)

一方で、ソニーが開発した液晶テレビの新バックライト技術「Backlight Master Drive」は4000cd/m2を実現しており、1月に発表された韓国LG Electronics社の「SIGNATURE」シリーズは800cd/m2という性能であり、有機ELのHDR再生で求められる白ピーク輝度を軽々と超えています。民生のHDRテレビはマスターモニターに近い性能を獲得しつつあり、ポストプロダクションのクライアントモニター用途では益々リプレースが進むと考えられます。キャリブレーションにあたってはターゲットモニターのHDR性能に応じたシステム機材を考慮する必要があります。
 
今回はHDRモニターを用意できなかったので、基本動作の確認となりましたが、D65 Rec.709/ガンマ2.2でPanasonic AX800のオートメーション設定にて従来通りのキャリブレーションを行いました。やはりQuantumDataはハイクラスの計測器であり、カラーパターンジェネレータとしてその精度は高く、得られる校正結果も良好です。リファレンスとして欲しい機材の1つと言えます。

■QuantumData製品情報:
 国内正規代理店:リーダー電子株式会社
 製品ページ:
 http://www.leader.co.jp/product/804.html
 http://www.leader.co.jp/product/780ah.html
 http://www.leader.co.jp/product/780c.html
この記事に関するお問い合わせはこちらまで。








 

LightSpace CMS w/Canon DP-V3010 4K キャリブレーション

2016.01.23
キヤノン株式会社 平塚事業所のDisplay開発部門へお伺いして、Canon DP-V3010並びにDP-V2410とLightSpaceCMSとの3DLUTキャリブレーション動作確認を改めてさせて頂きました。
今回はHDRでは無く、CanonモニターのUserSlotへの3DLUTのアップロードの流れと結果の確認作業を行いました。



LightSpaceCMSとCanonモニターはIPネットワーク接続し、Canonモニター内部のカラーパッチをアクティブにしてキャリブレーションを行うので、高価な外部のカラーパッチ・ジェネレーターを必要としない為、コストをプローブに回せますね。※LigtSpaceCMS v7.1.2はハイダイナミックレンジ(HDR) 及び ハイブリッド・ログ・ガンマ(HLG)にも対応しております。
 

■CANON DP-V3010 w/LightSpaceCMS HDRキャリブレーション構成図

メンテナンス中
 

エディピットではお客様のご利用ニーズに合ったキャリブレーション製品をご提案させて頂きます。

お見積りやデモンストレーションのご希望がありましたらご遠慮なくお問い合わせ下さい。
 

LightSpace CMSカラーマネジメント・ソフトウェア発売開始致しました

2015.12.07

英国LightIllusion社(ライトイリュージョン社)のLightSpace CMS(ライトスペース シーエムエス)カラーマネジメント・ソフトウェアの販売を開始致しました。

BlackmagicDesginのDavinciResolveのキャリブレーション・メニューに既に弊社で販売しているCalMANと同じく、”LightSpace”と表示されるもう1つのソフトウェアです。
LightSpace CMSは3D LUTベースのキャリブレーション・ソフトウェアですが、勿論マニュアル(手動)でのディスプレイ・キャリブレーションにも対応しています。
手動キャリブレーションが行える無償評価版LightSpace DPSの日本語ドキュメントもご用意しましたのでディスプレイのカラーチェックとしてご利用頂けます。(プロファイルの保存、CUBEプロファイルングはできません。また一部のプローブと各社のデバイスやDIシステムとのインテグレーション機能が非対応となります)

他のキャリブレーション・ソフトウェアとの大きな違いはカラーパッチを内蔵しているので高価な外部パッチジェネレーターを必要としません。また、キャリブレーション結果のLUTと他のLUT、例えばFilmエミュレーションLUT等を結合したりすることができます。あらゆるフォーマットのLUTを変換するコンバーター機能も含むDIソフトの一面も持ち合わせています。

更に、巷で話題のHDR(ハイダイナミックレンジ)のキャリブレーションも既に対応済で、パラメトリックガンマ数値を追加することで難なく対応しています。



©LightIllusion

エディピットではCalMANとLightSpaceの2つの製品を販売することになりますが、お客様のご利用ニーズに合った製品をご提案させて頂きます。

お見積りやデモンストレーションのご希望がありましたらご遠慮なくお問い合わせ下さい。
 

ATOMOS SHOGUNに3DLUTを適用する

2015.12.06

ATOMOS SHOGUNは他のアプリケーションで作成した3D LUTファイル(.cube)を簡単に適用することができます。

ATOMOS SHOGUNの液晶パネル自体がが正しい色表示であることが必要です。
まずはディスプレイ・キャリブレーションを行います。ATOMOS SPYDERでREC709ベースでキャリブレーションを行います。

ここでは弊社が販売しているロシア製のカラーコレクション・ツール「3D LUT Creator」で3D LUTを作成し、SHOGUNにインポートしてみたいと思います。
3D LUT CreatorからRAWデータをプリセットのBMD Film 4Kで現像し、カラーコレクションを行い好みのLOOKを作成し,汎用的な3D LUTフォーマットである.CUBEファイルで出力します。
 
AtomOS 6.2では、8個のLUTを読み込ませることが可能で、「1」にCanon C-Log 収録の際にRec.709領域でモニタリングするためのLUTをプリセットされています。

3D LUT Creatorで書き出しした.CUBEファイルをATOMOS SHOGUNへインポートする為にはATOMOSのDocing Station経由でHDD/SSDから受け渡します。



CUBEファイルを指定してATOMOSへロードします。
ATOMOS SHOGUNへの3D LUTファイルはごく簡単に取り込むことが可能です。
撮影現場での収録時でも最終的なルックを確認できるメリットは多々あると思います。
是非お試しください。
 

バージョン1.03リリース

2015.08.24
New features:
 - 2-point volume modes, for separate shadows / highlights, darkening or lightening effects.
 - Linearize function in ColorChart panel for automatically creating RGB curves to compensate grayscale plates on the color checker.
 - Vectorscope 2x zoom (left click on vectorscope)
 - Alt-click Reset button in A/B and C/L pages to partially restore grid to default positions.
 - Lots of bugfixes.

■トピック
-カラーチェッカー機能が追加されました。

 

バージョン1.0リリース

2015.05.11
3D LUT Creator ついにv.1.0リリース
新機能:
- カラーモデル HSP3 と Itten HSP;
- 色環;
- バッチ画像処理、バッチでRAWファイルから LogCへ変換;...
- カーブページをリデザイン、Sat-Satカーブ;
- カーブ調整リニューアル;
- アルファチャンネル編集;
- マルチモニターシステム用に別ウィンドウ;
- 履歴ウィンドウ;
- タブボタンでカラーページのオン/オフ切り替え;
- カーブ Degradeメソッド;
- LUT書き出し用のUnity and AmplifyColor LUT;
- FreeImage 及び LibRawライブラリ更新;
3dlc1.0

バージョン 0.999リリース

2015.02.07
いよいよ1.0に近づきました。
今回の主要改良点は、HSL(色相、彩度、輝度)を個別にカーブで調整できるようになった点です。
その他細かいバグフィクスがあります。

3dlC0.99

バージョン 0.998リリース

2015.02.04
3D LUT Creatorの新しいバージョン 0.998がリリースされました。
新しい機能としては、

現在のプリセットをLUTとして保存しExt LUTとして使えるようになりました。

アプリケーション内で2つのレベルのLUTを使えるようになります。この Ext. LUTは、現在のLUTと入れ替えることもできます。

デモ版をダウンロードしていただくと、新しいバージョンをお試しいただけます。既にライセンスをお持ちの方は、専用リンクから最新版にアップデートしてください。

バージョン 0.997リリース

2015.01.28
このリリースでの修正、変更点は
- リファレンス画像の読み込み

- カラーソート アナライザー (Shift-F11)
- 新しい RGBカーブモード - カラー (RGBカーブは、全体の輝度を保つため、相互に自動補正されます)
- リファレンスカラーからメイン画像へ2クリックで色を転送
- デフォルトの LUT保存形式を選択可能に
- "Always save LUT in size 64(常にLUTサイズ64で保存)"オプション追加
- ディスプレイ CMS選択
- Cinestyleログカーブ改善
- 新しいバージョンの LibRaw 0.17-Alpha をサポート(最新カメラからのRAWデータに対応)
- カーブドット値を直接数値入力
- チャンネルミキサーとボリュームミキサーのカラーフィールドは、円から三角形になりました。
- チャンネルミキサーに色相(Hue)の回転と彩度(Saturation)の増減ボタンを追加
- チャンネルミキサーに彩度の上限設定スラーダーとクリップ保護ボタンを追加
- ドラッグ&ドロップで複数の RAWファイルを一括変換
バージョン0.997スクリーンショット

バージョン 3D LUT Creator 0.995

2014.11.22

次期バージョンプレビュー:HSPマスク

2014.09.05
まもなくリリースされる新しいバージョンでは、HSPマスクが追加される予定です。次期バージョンは、今月後半のリリース予定です。
3dlc 0.993 HSP mask

次期リリースの目玉は。。。

2014.08.29
ベクトルスコープをサイドビューに切り替え、さらに回転させることができるようになるようです。

AJA LUT BOXに対応しました

2014.07.17
AJA LUT BOXに対応致しました。

DaVinci Resolveにおいてカラーグレーディング中の3D LUTが33Pointである場合、AJA LUT BOXを利用することが出来ません。
そこで、3D LUT Creatorにて外部3D LUT を取り込み>17Pointに設定して3D LUTをエクスポート>AJA LUT BOXへ適用することで、撮影現場でAJA LUT-BOXを使って簡易プレビューすることができます。

3d Lut Creator 国内発売致しました

2013.07.08
3D LUT Creatorを国内正式発売致しました。

3D LUT Creatorは、カラーグリッド上でカラーコレクションが行える簡単でユニークなソフトウェアです。

-日本語操作マニュアルとベーシック操作チュートリアル動画もご用意致しました。
-機能限定ながらDEMO版は無償です。

■動作環境

Windows:Windows XP、Vista、7、8(32-bit & 64bit)
Mac:MacOSX 10.5.8 or Later
※CPU、MemoryはPhotoshop CS6,CCが動作できる環境を推奨いたします。
 
■対応フォーマット

読み込み可能な画像ファイル:

.png, .bmp, .jpg .tiff, .cr2, .nef, .dng(8または16ビット、 RGB、CMYK、またはグレースケール形式)
Targaフォーマット(.tga、 .vda、 .icb、 .vst)
 
保存可能な画像フォーマット:
.jpg         ファイル圧縮率は、プログラム設定で選択します(限定の画質は100%)
.tiff         ファイルは、いつも16ビットRGBとして保存されます
 
保存可能なLUT:
.3dl (Inferno),
.cube (Iridas, After Effects),
.csp (Cinespace32) - スプライン補間法が使用されます。
.cms (Ncoda Cube)
Photoshop Curves(*.acv)
.ltrm plate((Lightroom Curves)
 
編集:
プログラムではsRGB、AdobeRGBなどの各種カラースペースでの画像編集が可能です。
ただし、LABカラースペースに保存された画像はサポートされていません。