Edipit

  • お問合せ
  • プライバシーポリシー

製品情報

Cinedeck | cineXtools


ファイルベース・インサート編集

ビデオテープへの挿入とほぼ同じ方法で、フラットファイルのビデオ、オーディオ、およびクローズキャプションデータを上書きします。


■概要

cineXtoolsは、ノンリニア編集から完成したファイルを出力した後にリテイク作業が発生しても一度書き出したファイルに直接インサートを可能とするcinedeck社のスタンドアローン・アプリケーションソフトウェアです。cineXtoolsは、編集時間をさらに削減する画期的なNLEの相棒です。今すぐに編集ワークフローの軽減を加速し、費用と時間の節約を開始出来ます。

最新版はAVCコーデックをサポート、4Kのリテイク作業に大きな省力化を実現します。
 
cineXtoolsはタイムコードを使用して、ソースとマスターのインポイントとアウトポイントを定義します。次に、元のデータを上書きしてコンテンツを置き換えます。通常、ソースビデオとデスティネーションビデオは同じコーデックです。ただし、場合によっては、別のコーデックを使用することもできます。たとえば、DNxHDコンテンツをソースとして使用でき、CineXはそれをProResマスターにトランスコードします。cineXtoolsを使用すると、オーディオトラックを再マップすることもできます。挿入編集中にWAVオーディオファイルをソースとして利用することもできます。
 


インサート編集でサポートされているコーデック、ラッパー、ビット深度
 
■コーデック:ProRes、DNxHD、DNxHR、XDCAM、AVC-I、XAVC、DPXおよびMXF1:1
ビデオ挿入の編集にコーデックが一致する必要がないことをご存知ですか?たとえば、パッチはDNxHDで、ターゲットはProRes、XDCAM、または挿入がサポートされている任意のコーデックです。
 
■ラッパー:MOV、OP1A MXF、OPATOM MXF
■カラースペースとビット深度:YUV 8、YUV 10、RGB10およびRGB12、SD|HD|2K|UHD|4K
 
インサート編集は解像度に依存しないので、cineXinsertはSD、HD、または4Kファイルに新しいコンテンツを挿入できます。
cineXtoolsのColorspaceとビット深度のサポートはコーデックに完全に依存しますが、一般にcineXtoolsはYUV 8、YUV 10、RGB10およびRGB12をサポートします。
 

リップル編集  | トリムと延長


 
Ripple Editツールを使用すると、元の部分より長いまたは短い新しいコンテンツを挿入できます。また、ファイル内の任意の場所に黒を追加または削除します。これらはすべて、元のファイルを再エンコードせずに実行されるため、以前に実行したQCは引き続き良好です。
 
リップル編集| Trim&Extendは、マーカーを使用して新しいコンテンツまたは黒を追加または削除し、一度に最大24個のマーカーをサポートします。各マーカーは独立して動作するため、反復ステップではなく、1つのプロセスでファイルに必要なすべての変更を加えることができます。リップル編集のベスト| トリムおよび拡張により、JPEG2000および標準のProResファイルにファイルタイプサポートが追加されます。
 
■リップル編集でサポートされているコーデック、ラッパー、ビット深度
 
リップル編集を使用する場合| 新しいコンテンツを追加するためにトリミングと拡張を行い、ソースコーデックとカラービット深度がターゲットと正確に一致することが必要です。
 
■コーデック:JPEG2000、Any ProRes、DNxHD、DNxHR、XDCAM、AVC-I、XAVC、DPXおよびMXF1:1
■ラッパー:MOV、OP1A MXF、OPATOM MXF
■カラースペースとビット深度:YUV 8、YUV 10、RGB10およびRGB12

 

Tips:インサート編集とリップル編集の違い

Ripple EditとInsert Editの違い(NEWX)
 
CineXtoolsの新しいRipple Editツールを使用すると、元の作品よりも長いまたは短い新しいコンテンツを挿入したり、ファイル内の任意の場所に黒を追加/削除したりできます。元の挿入編集機能と同様に、元のファイルを再エンコードする必要はありません。つまり、以前に完了したQCはまだ良好です。
 
リップル編集には、挿入編集と多くの類似点があります。ただし、いくつかの重要な違いがあります。
これらのツールとその仕様の違いを理解することは、ニーズに最適なものを決定するのに役立ちます。リップル編集はいくつかの新機能を提供しますが、両方のツールが単独で大きな価値を持ちます。両方の長所を使いたい場合は、リップル編集とインサート編集が連携して機能するため、これらのツールを一緒に活用できます。
 

■QuickTime及びMXFメタデータエディター


 
ファイルの再ラップや再作成を行わずに、ファイル内のメタデータを即座に更新、編集、変更します。
 
メタデータエディターは、Quicktime ProやFilm Tools、JES Extensifierなどの製品に含まれる機能を置換および強化するツールを提供します。cineXtoolsは、これらすべてのツールの機能を1つの使いやすいインターフェイスにもたらし、再ラップや再エンコードを必要とせずに多くのタイプのインプレースメタデータ変更を許可し、op1A MXFのサポートを含めるように拡張します。
 
MOVとop1A MXFの両方で完全なツールスイートを使用できます。オーディオチャネルラベル、トラックの命名、フレームレートの変更などはすべて、ほぼ瞬時に更新できます。SMPTE 2020フラグをサポートしていないアプリケーションによってエクスポートされたHDRファイルのカラーメタデータの修正、AFDおよびVchip情報の変更、内部MXFファイル名/ UUIDの変更など、より難解な変更も利用できます。
 
 
■マルチクリップインサート:
マルチクリップインサートモジュールでは、複数のパッチを一度に挿入することができます。パッチをソース側にドラッグアンドドロップし、タイムコードに従ってキューに入れます。次にターゲット側に挿入するファイルをドラッグアンドドロップします。
 
■TimeCode変更:
タイムコードエディタを使用すると、ロードされたファイルの実行中のタイムコードを即時に変更したり、ドロップフレームとノンドロップフレーム間でファイルのタイムコードを切り替えることができます。
 
■4K|UHDサポート:
コンピュータとその解像度に依存しないため、4Kも処理するように設計されています。解像度が上がるにつれて、非線形エディタのレンダリングとエキスポートが可能になり、cineXtoolsにさらに高い価値が与えられます。完パケの再エクスポートを待つ代わりに、修正(パッチ)をエクスポートしてマスターファイルに挿入するだけです
 
■XDCAM OP1aサポート:オプション
Telestream、Avid、AdobeおよびXDCAMデッキから作成されたXDCAMファイルに、新しいビデオ、オーディオを挿入して上書きすることができるようになります。
※OpAtomおよびMOVラッパーの追加サポートを予定しています。
 
■オーディオバージョン管理:
オーディオバージョン管理により、リアルタイムマージよりもはるかに高速にビデオおよびオーディオコンテンツを再編成できます。オーディオトラックを追加または削除することにより、オーディオを管理し、ビデオエッセンスと組み合わせることができます。オーディオバージョン管理モジュールでは、最大32個のオーディオチャネルを追加または削除できます。既存のオーディオトラックを再ルーティングまたは再マッピングしたり、オーディオトラックのソースとしてWAVファイルを使用したりすることもできます。
 

■NLEからのProResファイルへのエクスポートをサポート

-Adobe Premierプラグイン


Adobe PremierからProRes CBR直接エクスポートが可能となります。(無償)
標準のProResコーデックはVBRですが、インサート編集する際にはCBRにリラップする必要がありました。この制約をAdobe Premier Pluginを使用すると編集終了後にCBRに直接エクスポートが可能になります。書き出し設定にCineDeck ProRes(CBR)のプリセットが追加されます。

※プラグインのインストール先:Macintosh HD/ライブラリ/ApplicationSupport/Adobe/Common/Plug-ins/7.0/MediaCore/ProResExport.bundle

-その他のプラグイン:

・Avid Media Composer - CinedeckによるAMAプラグイン(無償)
・Autodesk Flame and Smoke - 2018年リリースで利用可能
・Davinci Resolve - v.14
・FilmLight Baselight v.5

補足事項:
これらのプラグインは、Mac OS X 10.10(Yosemite)以降のシステムにインストールするためのプラグインです。Windows上で動作するAvidシステムやAdobeシステムは、ProResをサポートするためにAppleからライセンスを受けていないため、これらのシステムではプラグインも使用できません。
 

■ビデオ・チュートリアル(英語)



●リップル編集-トリムと延長
黒の追加または削除
カットアンドペーストインサートエディット(データトラックごと)
リップル編集


●マルチクリップ・インサート
 ドラッグ、ドロップ、挿入で複数のクリップをインサートします。


●cineXtools Tutorial 2017 Part 1
 cineXtoolsとcineXinsertの概要。


●cineXtools Tutorial 2017 Part 2
 cineXtoolsモジュールとユーザーインターフェイスのツアー。


●cineXtools Tutorial 2017 Part 3
 ProResの再ラップ、WAVオーディオファイル、オーディオチャンネルの再マッピング、インサート編集を行います。


●cineXinsert UHD Pro Res Video Insert Edit
 4K/UHD Pro ResまたはDNxHRファイルにインサートします。cineXinsertは解像度に依存しないため、4K/UHD Pro ResまたはDNxHRファイルのインサートも容易です。

 
 


■動作環境

macOS:OS X 10.9以降
Windows:Windows8以降、Windows10推奨
 

cineXtools FAQのダウンロード
日本語パンフレットのダウンロード
価格表&トライアルライセンスの手続き方法(2020年2月12日UpDate)
日本語クイックスタートガイド

cineXPluginの製品情報はこちらへ

最新版インストーラー等サポート情報


 

■cineXtools  MAC/Windows 価格(税別) ※2020年9月現在( 9/2更新)
   NEWX Partner


cinedeck社 「Everything Bundle Special Edition」プロモーション「
cineXバンドル限定年間プラン」
 
プラン内容:下記が全て含まれます。
 
1.cineXtools All Codecs(ProRes, AVC, XAVC, DNxHD/HR, XDCAM, JPEG2000, & H.264)
2.closed captions editor
3.AS11 metadata editor
4.Remote Insert tool
5.cineXplugins All Codecs Bundle 
6.cineXmeta All Wrapper Bundle

①新規購入:【申し込み期限:10月15日】
cineXtoolsの全ての機能が¥132,000-(税別)  でゲットできます。オンラインストア
新規購入期間:2020年8月15日〜10月15日

②アップグレード:【申し込み期限:2020年1月31日】
2020年8月15日~2021年1月31日迄に既存のライセンスの更新日を迎えるユーザー様は、¥132,000.-でcineX Everythingへアップグレードできます。(但しアップグレード後の次年度更新料は¥132,000となります)
※ライセンス変更の手続きを行う為、こちら迄お申込み下さい。※iLokのID情報が必須です。

③無料アップグレード対象ユーザー【申し込み期限:10月15日】:
本年1月1日~8月15日迄にcineXtools(Pluginを除く)をご購入及びライセンス更新を頂いたユーザー様は、申請手続きによりEverythingへの無償アップグレードが可能です。(但しアップグレード後の次年度更新料は¥132,000となります)
※無料アップグレードの手続きを行う為、こちら迄お申込み下さい。※iLokのID情報が必須です。

本プロモーションについての補足:
現在、cineXtoolsを新規ご購入頂く場合の最安値のプランです。(但し次年度の更新料は¥132,000となります)

すべてのオプションを必要としないお客様には次年度の更新価格がアップすることになりますが、AllCodecの次年度更新価格との差額はプラス¥4,000.-程となります。
 

EDIPITオンラインストア

・cineXtools Standard (初年度) オープン価格 (実勢価格 ¥258,000.-)
・cineXtools Standard(次年度以降/年間) オープン (実勢価格¥89,800.-)

 ※Standardサポートコーデック=ProRes / DNxHD / DNxHR 
cineXtools Standard(3年間ライセンス) オープン価格(実勢価格¥378,000.-)

・cineXtools Standard + XDCAM (初年度) オープン価格 (実勢価格¥318,000.-)
・cineXtools Standard + XDCAM (次年度以降/年間) オープン価格 (実勢価格¥112,000.-)

cineXtools Standard + XDCAM(3年間ライセンス) オープン価格(実勢価格¥465,000.-)

・cineXinsert Standard + AVC (初年度)オープン (実勢価格¥318,000)
・cineXinsert Standard + AVC(次年度以降/年間)オープン (実勢価格¥112,000)

cineXinsert Standard + AVC(3年間ライセンス)オープン価格(実勢価格¥465,000.-)

・cineXinsert Standard + All Codecs (初年度)オープン (実勢価格¥354,000.-)   
・cineXinsert Standard + All Codecs(次年度以降/年間)オープン (実勢価格¥128,000.-)
cineXinsert Standard + All Codecs  3年間ライセンス オープン(実勢価格¥528,000.-) 

・cineXtools  Closed Caption Module (初年度)オープン (実勢価格¥358,000.-)   
・cineXtools  Closed Caption Module (次年度以降/年間)オープン (実勢価格¥128,000)

特記:本価格表の内容は予告なしに変更する場合があります。
 

cineXtoolsの相談、ご質問については、以下の問い合わせWebページへご連絡をお願い致します。。
EDIPIT問い合わせWebページ
 
※記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。