Edipit

  • お問合せ
  • プライバシーポリシー

サポート情報

バージョン0.996(2014.12.3)リリース情報

2014.12.05
- RAWファイルのローディング時にカラープロファイルをsRGBから Prophoto または RAWに切り替えられるようになりました。 (RAWではカラープロファイルをアサインして、手動もしくはカラーチェッカーを使ってカラーマトリクスを作成する必要があります)
- Log typeスイッチの近くにセンサークリップカラーウィンドウを追加しました。
 RAWまたはLog画像使用時にのみ有効です。
 カメラセンサーがクリップした色の最大値を示します。 
 'A' ボタンを押すと、画像の中で最も高い値を自動的に検出します。
 対象の画像にクリップされた色があることが前提です。
 クリップされた色がない場合は、ハイライトがクリップとみなされてしまいます。
- 白のリカバリー改善
- カラーマトリクスページにHue回転ボタンを追加しました。
- MaskページにHALDイメージを外部LUTとしてロードできる機能を追加しました。
 この機能により、3D LUT Creatorを使って HALDを 3DL または CUBEに変換できるようになりました。 
 
最近更新された製品