Edipit

  • お問合せ
  • プライバシーポリシー

サポート情報

Sync-One2 V2ファームウエアアップデートに必要なソフトウェアと更新手順

2022.04.05


Sync-One2ファームウエアアップデートに必要なソフトウェアと更新手順:
Sync-One2ファームウェアの現在のバージョンはv2.2.3です。(2022年4月現在)
 
必要なもの:必要なソフトウェアを以下のリンクからダウンロードして下さい。
 
- Windows8以降のPC+USB2.0以上のI/F
- PCとSyncOne2を接続するUSBケーブル(製品本体には付属しておりません)
- Windowsのインストールによっては、Microchip USBシリアルドライバも必要になる場合があります。

通常、Windows 10コンピューターはSync-One2を自動的に検出しますが、古いバージョンではドライバーが必要になる場合があります。
 
 
ファームウェアアップグレード手順
 
1. FW Updater ツール(バイナリプログラム)を起動します。
アップグレーダーアプリケーションは、.NET framework 3.5が必要です。これがインストールされていない場合、これをダウンロードしてインストールするように促されます。
 
2. Sync-One2をコンピュータに接続し、WindowsがシリアルオーバーUSBドライバを検出するのを待ちます。
※USBケーブルは製品本体には付属しておりません。ユーザー様でご用意ください。
 
3. FW Updater ツールを実行します。
4. ダウンロードした Sync-One2 ファームウェアファイルを選択します。

 
5. Sync-One2 が Windows によって割り当てられた通信ポートを選択します。
6. Sync-One2 のメニューから「Firmware Upgrade」を選択し、OKを押します。
 

 
Sync-One2が以下のように表示されます。
 
7. ファームウェアアップデートツールのアップデートボタンを押すと、プログレスバーが表示され、アップロードが確認されると Sync-One2 v2 は以下のように表示されます。
 
Sync-One2 を切断したり、アップデートプロセスを停止しないでください。ファームウェアイメージが破損し、アップデートが正常に完了するまで Sync-One2 は機能しません。
 
8. アップデートが完了すると、Sync-One2 は再起動し、アップデート後の初回起動時にメッセージが表示されます。アップデートが検出された旨のメッセージが表示され、設定がデフォルトにリセットされます。
 
9. システム情報メニューのオプションで、実行中のファームウェアリビジョンを確認することができます。
 

 
改訂履歴とリリースノート:
 
V2.2.3リリース: 2022年1月27日
API STARTコマンドに、外部音声が設定されていても外部音声が接続されていない場合はエラーを返すようにチェックを追加しました。
 
V2.2.2リリース: 2021年10月15日
V2.2.1で指摘された、USBポート接続時にオートシャットオフがサスペンドされない問題を修正しました。
オートオフのタイムアウト時間が経過したときに表示されるオートオフのトリガーメッセージを追加しました。
 
V2.2.1リリース: 2021年10月7日
有機ELディスプレイモジュールのメーカーによる「機能強化」に対応するための修正。シリアル番号 A22B3000 以降にのみ影響します。
 
V2.2.0リリース: 2021年8月10日
ユーザーからの要望により、オーディオとビデオのトリガーレベルを設定するためのAPIコールを追加しました。
統計情報管理用のAPIコマンドを追加しました。
 
V2.1.0 リリース:2019年11月10日
フレームレートを最大値に設定するためのAPIコールを修正。
最大±3000msの誤差を取ることができる拡張モードの追加。
 
V2.0.2リリース: 2018年9月12日
ビデオキャリブレーションと検出アルゴリズムを修正し、低照度施設、例えば大型プロジェクションベースの最終ディスプレイを備えたポストプロダクション施設でのパフォーマンスを修正します。


Sync-One2®は、H社の登録商標です。
お断り事項:ファームウエアのアップデート作業はリスクが伴います。エディピットではお客様のアップデート操作ミスにより発生した故障の責任は負いません。
 

2022年4月
最近更新された製品