Edipit

  • お問合せ
  • プライバシーポリシー

製品情報

CalMED+医用画像システム専用ディスプレイ・キャリブレーション

CalMED(カルメド)/医用画像システム専用ディスプレイ・キャリブレーション

国際的な画像標準に準拠:

医用ワークステーションを、米国放射線科学会(ACR)、米国医学物理学会議(AAPM)、及び他の国際標準化団体によって確立された、DICOM規格のグレースケールとカラースペース標準に沿って正確に校正します。 グレースケールのステップ間における丁度知差異を最適化して医療画像の診断価値を最大化します。 CalMEDは、放射線診断、手術用ビデオ、内視鏡検査、歯科及び獣医学用を含む。すべての医療用ディスプレイに最適なキャリブレーションソリューションです。

 
設備全体にわたり一貫した画像表示を確証
CalMEDディスプレイキャリブレーションは技術者、放射線技師、及び担当医に一貫した画像を提示します。CalMEDソフトウェアは、医療用及び汎用モニターのグレースケールとカラー両方のディスプレイに対応しますので、ひとつのワークステーションに表示される医療画像は、別のモニターで見ても同じように表示されます。

カスタムレポートによる一貫したQA手順を確認
CalMEDは、キャリブレーション結果を文書化して印刷するカスタムレポート機能を備えています。 CalMEDレポートを施設全体のQAプロセスに組み込み、放射線及び医療用映像ディスプレイパフォーマンスの適合性を確認してください。

すべてのワークステーションについて複数のキャリブレーションプロファイルを作成
CalMEDのトレイユーティリティであるClient 3では、ニーズに合わせて複数のキャリブレーションプロファイルを持てますので、画像スペシャリストは簡単にDICOM とsRGBキャリブレーションや、異なる輝度レベルやガンマモードに切り替えることができます。 CalMEDのキャリブレーションオプションには、DICOMまたはフルカラースタンダードについて、複数のカラースペースやガンマスタンダードから選ぶことができます。
 


一台のラップトップですべてのキャリブレーションを管理

CalMEDは、有線または無線ネットワーク接続を介して、全てのディスプレイを一台のラップトップで校正することができます。小さなトレイユーティリティであるCalMED Client 3は、校正対象の各ワークステーションに常駐し、キャリブレーションプロファイルを格納します。これにより、少数の技術者が医療施設全般のキャリブレーションを管理することが容易になります。

顧客自身によるキャリブレーション

CalMEDは簡単に習得し、使うことができます。ソフトウェアのユーザーインターフェースには、さまざまなケースやユニークな自動機能を含む、ステップバイステップのワークフローが用意されています。キャリブレーションが数分で完了したり、完全に自動化できる場合も多くあります。技術者のチームをお持ちでしたら、弊社エディピットでは、医療関係顧客専用のオンサイトトレーニングをご提供することもできます。

システムのご相談はこちらへ
 
システムに関するご質問、ご相談、はご遠慮なくお問い合わせ下さい。