Edipit

  • お問合せ
  • プライバシーポリシー

製品情報

Murideo Fox & Hound Testing and Troubleshooting Kit

The Fox & Hound HDMI テスティング&トラブルシューティング キット



概要:

 
この18Gbpsジェネレーターとアナライザのテストキットは、多くの商用インテグレーターにとって理想的で低価格、かつ手頃なテストユニットとして製品化されました。このツールは、正しい帯域幅、HDCP、解像度、タイミング、HDRメタデータ、およびシステムに障害を引き起こす可能性のある正しく処理されない多くの変数を確認することができます。

・フィールドテストに最適
・18Gbps帯域幅、4K&HDR
・18Gbpsケーブルテスト
・HDCPおよびEDIDテスト
・FULL HDR、HDR10+、HLGのサポート
 

 
多くの機能を備えた高価なテスト機器もありますが、そのほとんどは平均的な商用インテグレータが使用することはありません。そこでMurideo社は、システムの問題をトラブルシューティングするためのシンプルで手頃な価格のソリューションの開発に着手しました。Fox & Hound. A/Vテストおよびトラブルシューティングキットは、最新かつ最高解像度の4K60を18Gbpsで生成して解析できる製品です。また、すべてのインテグレータが手軽に所持できる製品です。Fox & Houndテストキットには、18Gbpsジェネレーターと18Gbpsアナライザーが付属しています。これらのツールを使用すると、正しい帯域幅、HDCP、解像度、タイミング、HDRメタデータ、および正しく処理されていない場合にシステムのヒックアップを引き起こす可能性のある多くのオプションを確認することができます。

 

 
ジェネレーター機能:
 
・下位互換性のある最大18Gbpsのビデオ信号を生成します。これにより、利用可能な任意のアクティブなコンテンツをエミュレートする機能を提供します
・ボタンを押すだけで、ディスプレイ、リピータ、またはシステムのインフラストラクチャのHDR互換性をテスト
・置前、設置中、または設置後にケーブルをテストし、帯域幅と機能性を確認します。
・利用可能なあらゆるソースを模倣して、あらゆるシンクデバイスとの互換性を確保します。テストのためにソースを持ち運ぶ必要はありません
・シンクデバイスまたはシステム全体のHDCP互換性をテストできます。
・オーディオがシステム全体で再生されていることを確認するために8chオーディオまでのテスト
・5vとHDCPが存在することを容易に識別し、推測を排除
・明るくて読みやすいディスプレイ
・ポータブルで軽量
 
アナライザー機能:
 
・最大18Gbpsのライブ映像信号を表示し、ソースとリピーターがシグナルチェーン全体で機能していることを確認
・ビデオフォーマット情報を表示して、ソースまたはリピーターデバイスが最大18Gbpsの正しいビデオ信号を送信していることを確認します
・HDR対応デバイスでHDRが存在することを確認することで、推測の域を出ない
・HDMIまたはDVIケーブルが機能し、希望する帯域幅を通過していることを確認してください。5V、ホットプラグ検出、TMDS、ケーブルのDDCチャンネルを確認します。
・システム・セットアップ中やトラブルシューティング中に、リピーターやシンク・デバイスのEDIDを読み取ったり、エミュレートしたりすることができます。もうEDIDを推測する必要はありません。
・HDCPの任意のバージョンを分析して、ソースまたはリピータ装置のコンプライアンスを確保する。
・最大8chまでのオーディオ信号を検証し、リアルタイムでチャンネルレベルを分析
・明るくて読みやすいディスプレイ
・ポータブルで軽量
 

テストと検証の方法
 
ソースのテスト方法:
 
1. ソースの出力から信頼できるHDMIケーブルを取り、アナライザーに接続します。これでソースからの画像が表示されます。
2. OK」ボタンを押すと、アナライザーはソースから出力されているものを正確に表示します。
3. 3. データを読み、それがソースが出力したいものであることを確認してください。自問自答すべきいくつかの質問 - それは4Kを実行していますか?正しい色空間を持っていますか?帯域幅はこのコンテンツに合っているか?
4. 4. すべてが正しく読み取れれば、ソースの準備ができていることがわかります。そうでない場合は、ソースのメニューに入り、ソースが最適化された信号を送信していることを確認する必要があります。ソースが最適化されていなければ、システムの残りの部分が真に高い解像度を配信する方法はありません。
 
シンクのテスト方法:
 
1. シンクの入力から信頼できる HDMI ケーブルを GENERATOR の出力に接続します。
2. 上向きの矢印を使ってジェネレーターから任意のテストパターンを選択します。次に "4K"、"1080"、"720"、"VESA "のいずれかを選択して分配したい解像度を選択し、"OK "をクリックします。
3. テストパターンが表示されるはずですが、表示されない場合は、画面に画像が表示されるまで解像度を下げてください。
画面に画像が表示されるまで、解像度を下げていきます。
 
 
使用方法の例:
 
ソースの代わりにジェネレーターを設置し、シンクの代わりにアナライザを設置します。これらのユニットは、システム全体に送信されたデータを読み取ることができます。本製品は、ユニットを介して任意のタイプの信号を実行し、同じ信号が変更されずに製品を介して渡されていることを確認することができます。これにより、サポートへの電話や製品の交換を減らすことができます。トラブルシューティングは、ケーブルやエクステンダーが故障している場合、素早く問題を発見できます。

トラブルシューティング例:
 
システム構成例:
 
・ソース:
 ビデオ信号を作成するものです。ブルーレイ、Apple TV、Roku、メディアプレーヤー、コンピュータ等
・シンク:
 テレビ、プロジェクター、コンピュータのモニターなど、信号が終わる場所にあります
・リピーター:
 ビデオ信号を取り込み、同じ信号を出力する製品のことで、マトリックス、スイッチ、ディストリビューションアンプ等
・エクステンダー:
 HDBaseT Tx & Rxとして知られており、CAT 5/6/7を介してHDMIケーブルを「延長」するデバイスです
・HDCP:
 高帯域幅デジタルコンテンツ保護、インテル株式会社によって開発されたデジタルコピー保護の形態で、接続を介して移動する際にデジタルオーディオおよびビデオコンテンツのコピーを防止します。
 
製品の事前テストを行う理由:
 
完全なセットアップでインテグレート中に、意図されていたところで画像を取得していないことが判明することほど悪いことはありません。すべての製品を事前にテストすることで、時間を節約できますし、100個のコンポーネントがある仕事の中で、1つの悪い機器を追跡しなければならないという手間を省くことができます。多くのインテグレータは、現場に設置する前に各製品をテストする事でしょう。また、現場に到着する前にラボや倉庫ですべての製品をテストする人もいます。Fox & Houndは、事前に製品をテストする能力を与えることで、時間とお金を節約します。
  
■完成したオーディオ/ビデオ配信システムをテストするときに最初に行うことは、利用されているすべての製品の互換性を確認します
1. ソースの代わりに ジェネレーターを使用し、テストパターンと配信したい解像度を選択します。
2. アナライザーをシンクの代わりに置き、"OK "を押して、配信されているオーディオとビデオ信号を分析します。
3. 違いを探します。送信している信号は、配信システムによって変更は無いか?何かがダウンスケールされていないか?圧縮されていないか?変更されていませんか?
もし帯域幅、タイミング、または解像度が アナライザーが出力しているものと異なる場合、それがディストリビュー ションシステムの製品によって変更された可能性があります。
4. アナライザに違いが表示された場合は、アナライザを使用してシンクから逆算して、各リピーター製品の後の信号をチェックして、変更がどこで発生したかを確認してください。
 
■完成したA/V分配システムのテストの第二の側面は、全体的にHDCPの互換性をチェックします
1. ソースの代わりにジェネレーターを使用して、テストパターンと分配システムが処理できる最高解像度を選択します。そしてジェネレーターで "HDCP "を押し、2.2を選択します。
2. シンクの代わりにアナライザーをセットし、"OK "を押して信号を分析します。 ANALYZERの "HDCP "を押して、HDCP 2.2を取得していることを確認してください。
3. アナライザーで画像が表示され、HDCPライトが点灯している場合は、システムの準備ができています。画像が表示されない、またはHDCPライトが点灯しない場合は、シンクから逆算して、各リピーター製品の後にアナライザで信号を確認して、HDCPが失われた場所を探してください。
 

■価格:製品価格は予告なく変更される場合があります。

¥300,000.- (税別)
¥330,000.- (税込)

※日本語ドキュメント付属/Mail納品(準備中)
※同梱内容:専用ハードケース、ACアダプターケーブルx2、HDMIハイスピードケーブルx2、ファームアップデート用USBケーブルx2、※PSE ACアダプターx2追加添付
※評価器のご用意はありません
※CalMANソフトウェアとの互換性はありません

■納期:受注後10日前後
■保証期間:EDIPIT無償保証1年(センドバック方式、送料相互負担)
※メーカー保証期間は2年ですが、納入後より次年度以降の修理には別途国際送料が掛かります。

製品パンフレット

データレート・チャート(by Murideo)
 
更新:2021年6月24日