Edipit

  • お問合せ
  • プライバシーポリシー

製品情報

CalMAN® AutoCAL™ for ブラビア





■CalMAN® AutoCAL™オートキャリブレーションとは?
 
キャリブレーションは、ディスプレイを微調整して業界標準(基準)と密接に一致するようにするプロセスです。手動キャリブレーションには、訓練を受けた専門家による多くの作業時間が必要です。Portrait DisplaysのCalMANソフトウェアが提供するCalMAN® AutoCAL™オートキャリブレーションは、プロのキャリブレーターのプロセスを加速し、新しいユーザーがプロ品質のキャリブレーションを実行できるようにします。
 


 

■ブラビア MASTER Series における SDRおよびHDRキャリブレーション

 


CalMAN®AutoCAL™によりSDRキャリブレーションが完了すると、キャリブレーション結果がHDRに引き継がれ、CalMAN ReadyモデルであるMASTER Seriesのキャリブレーションが更に簡単になります。手動キャリブレーションよりもはるかに高速でトレーニングコストを大幅に削減することに加えて、オートキャリブレーションは映像品質に一貫性と信頼性の高い結果を提供します。


 

■なぜ、キャリブレーションが必要なのでしょうか?
 
映像装置は基準に沿った状態で工場を出荷されますが、構成する部品には僅かな色のバラツキもあり、100%の精度には限界があります。また、経時変化により輝度は低下し、色味は変化してしまいます。
プロフェッショナルの現場では、映像作品がクリエイターの意図した色を忠実に再現し、その作品の品質を最高レベルにする為のクオリティーコントロールの重要な要素として映像装置のキャリブレーションがあります。ポストプロダクションでは、スタジオのマスターモニターと合わせて、コンシューマTVではどのようにクリエイターの映像が再現されているかを常に確認が必要となっています。                          
ご家庭においては、クリエイターの意図した最高の映像を、いつまでも綺麗な画質で体験することができます。
 

■CalMAN® AutoCAL™オートキャリブレーションに対応したブラビアは?

ルミナンス/20ポイントグレースケール/カラーガマット調整対応モデル

-4K有機ELテレビ ブラビア「A9F」「A9G」の各シリーズ
-4K液晶テレビ ブラビア「Z9F」「X9500G」「X8550G」「X8500G」の各シリーズ
 その他法人向けブラビアにも対応致。

ルミナンス/10ポイントグレースケール調整対応モデル

-4K有機ELテレビ ブラビア「A8G」「A8G/BZ」の各シリーズ
-4K液晶テレビ ブラビア「X8000G」シリーズ 
 その他 法人向けブラビアを含む旧モデルにも対応

CalMAN for BRAVIA AutoCAL対応モデルリスト(2019年6月8日版)
※MASTER Series以外にも対応モデルが拡充いたしました。


 

■ブラビア MASTER Series の製品情報

ソニー ブラビア MASTER Series A9G製品ページ
ソニー ブラビア 合カタログ(2019年,夏号)

ソニー ブラビア MASTER Series 特設ページ
ソニー ブラビア 総合カタログ(2018年.秋号)
ソニー ブラビア MASTER Series 発売プレスリリース(2018年9月4日)
 

■ブラビア MASTER Seriesで、CalMAN® AutoCAL™オートキャリブレーションを行う為には何が必要ですか?

以下のシステム構成が必要となります。


 
① CalMANとブラビアが接続する為の通信ユーティリティー「CalMAN® for ブラビア」(Google playよりダウンロード

② CalMAN PCとブラビアをネットワーク接続する有線LAN又は無線LAN

③ 以下の4種類のCalMANソフトウェアのいずれかと、実行する為のWindows PC

  ・CalMAN Home for Sony 【一般コンシューマ向け】
  ・CalMAN VideoPro 【AVインストーラー向け】
  ・CalMAN Studioソフトウェア【放送局、ポストプロダクション向け】
  ・CalMAN Ultimateソフトウェア【Netflix NPVベンダー推奨、ビデオウォールやデザイン機能等全機能を含む】 

④ CalMANでソニーブラビアをAutoCALする場合、Rec709,D65,ガンマ2.2の基準でキャリブレーションを行います。
  AutoCALの結果はブラビア内部の計算テーブル全てに反映され、全てのキャリブレーションが自動的に完了します。

   以下の主なパターンソースジェネレータをサポートしています。

  ・SpectraCAL VideoForgeProパターンジェネレータ (HDR/HLGの測定及び手動キャリブレーションを行う場合に必須)
  ・SpectraCAL Mobile Foreパターンジェネレータ(無料)+ AMAZON  Fire TV Stick【ホームシアター向け】
     特記事項:WiFi環境のみ/SDRのみでHDRの校正はできません/手動キャリブレーションに必要なチャートを出力できません。

⑤ SpectraCAL C6-HDR2000カラーメーター または同等品(2,000Nits対応製品)

  その他、プロフェッショナル・スタジオ向けのワンランク上のカラーメーター(フィルター式)

  ・Klein Instruments K10-A (CalMAN Studio/VideoPro/Ultimateサポート)
  ・Colorimetry Research CR-100 (CalMAN Studio/Ultimateサポート)
  ・コニカミノルタ CA-410 (CalMAN Studio/Ultimateサポート)
 

詳細:

詳細ドキュメントJPN.Rev05.Calibrating.MASTER.Series.with.CalMAN.pdf)(2019年5月14日アップデート)
※映像プロフェッショナル向けのドキュメントですが、基本操作説明も含まれていますので、ブラビアの映像調整を行う全てのユーザーでご利用頂けます。
 

ソニー ブラビア MASTER Series のAutoCAL™につてのご質問、ご相談については、以下の問い合わせWebページへご連絡をお願い致します。

EDIPIT問い合わせWebページ
 
※記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

LastUpdate:2019年6月8日