Edipit

  • お問合せ
  • プライバシーポリシー

製品情報

LightSpace CMS LTE for EIZO


LightSpace CMS LTEバージョンはEIZOカラーマネジメント・ディスプレイディに対して高精度の3DLUTキャリブレーションを行う事ができます。



特徴:

-ICCプロファイルベースのキャリブレーションよりもより高精度の3DLUキャリブレーション
-ディスプレイとダイレクト接続
・LightSpace CMSとEIZOディスプレイはUSBケーブルで直結。
・EIZOディスプレイとは、ホストコンピュータとDVI、HDMI,DisplayPortのいづれかでHOST接続を行い、ユーザーSLOTをOPENにします。
-キャリブレーション結果はEIZOディスプレイ内部にアップロードします。外付けの3DLUT-BOXハードウェアは必要としません。
-LightSpae CMS内蔵カラーパッチジェネレータにより外付けパッチジェネレーターは不要



システム構成:

-LightSpace CMS:LTEバージョン
-X-Rite i1 Display Pro OEM RevB(*1)
-USB   Cablex1
-HDMI Cablex1
-EIZOディスプレイはホストコンピュータと接続した状態が必要です。

(*1)ご注意事項:

・X-Rite i1 Display Proはリテール製品、EIZOブランドのOEM製品では動作できません。LightSpace CMS専用のOEMバージョンが必要です。
・LightSpece CMS LTEバージョンではX-Rite i1Pro 2まで対応しています。(コニカミノルタ製プローブは非対応です)
・X-Rite i1Pro 2プローブはリテール品がそのままご利用頂けます。


価格:

-LightSpace CMS LTEバージョン + X-Rite i1 Display Pro OEM RevB バンドルKit
¥196,560.-(消費税込み、本体価格¥182,000.-)
※日本語ドキュメント、初年度日本語サポート込

-LightSpace CMS LTEバージョン Software Only
¥146,880.-(消費税込み、本体価格¥136,000.-)
※日本語ドキュメント、初年度日本語サポート込



LightSpaceCMS EIZOディスプレイ対応モデル一覧

■4K対応高解像度モデル:CG318-4K 及び CG248-4K 
http://www.eizo.co.jp/products/ce/cg3184k/index.html#tab01
http://www.eizo.co.jp/products/ce/cg2484k/index.html

■カラーマネジメントCGシリーズ:CG277,CG247
http://www.eizo.co.jp/products/ce/cg277/index.html
http://www.eizo.co.jp/products/ce/cg247/index.html
CG2420:未テスト
対応する旧モデル:CG222W, CG232W, CG242W, CG243W, CG223W, CG245W, CG275W, CG246, CG276
 


LightSpace CMS LTEバージョンは上位モデル(CAL.PRO,XPT)と比較すると機能制限があります。
-ミドルからハイエンドのプローブ非対応
-ダイレクト接続可能なモニターに制限
-対応するLUT-BOXに制限

新しく、ATOMOS(SHOGUN INFERNO,FLAME、NINJA FLAME、SAMURAI BLADE等のLUT対応モデル)、及び TERADEK COLR、Blackmagicdesign Teranex Mini向けの3DLUTにも対応致しました。



システムのご相談はこちらへ
システムに関するご質問、ご相談、はご遠慮なくお問い合わせ下さい。