Edipit

  • お問合せ
  • プライバシーポリシー

ニュース

CalMAN Home販売開始のご案内

2019.06.17 プレスリリース
Portrait Displays社のコンシューマ向けキャリブレーションソフトウェア「CalMAN Home」の国内販売のご案内

2019年6月17日-株式会社エディピット(本社:東京都中央区)は、Portrait Display社製のコンシューマ向けキャリブレーション・ソフトウェア「CalMAN Home」を弊社オンラインストア限定で販売開始致します。
「CalMAN Home」はプロフェショナル向けのCalMAN Studioと同じキャリブレーション性能をコンシューマユーザーに提供しますが、より一般ユーザーに優しいアプローチでワークフローが設計されています。
「CalMAN Home for Panasonic」「CAlMAN Home for Sony」の2つのメーカーTVに対応したソフトウェアバージョンがあります。
 

【CalMAN Home for Panasonic】

パナソニック ビエラに対応したAutoCALオートキャリブレーション・ソフトウェアです。
7月中旬に発売予定のビエラ 4K有機ELテレビ GZシリーズTVに内蔵されたカラーパターンジェネレータ(CalMAN PatternGEN)をサポ―トしており、本ソフトウェアとサポートされるカラーメーターを加えるだけでSDR/HDRのAutoCALオートキャリブレーションが低価格で実現致します。


 

【CalMAN Home for Sony】

ソニー ブラビアに対応したAutoCALオートキャリブレーション・ソフトウェアです。
SDRのAutoCALオートキャリブレーションを行うだけで、HDR及び他のガンマ式にも自動的にキャリブレーションが適用される為、キャリブレーションがより簡単になります。
トップエンドのブラビアMASTER Series以外のブラビアにも対応致しました。


 

【CalMAN AutoCALオートキャリブレーションとは?】
 
キャリブレーションは、ディスプレイを微調整して業界標準(基準)と密接に一致するようにするプロセスです。手動キャリブレーションには、訓練を受けた専門家による多くの作業時間が必要ですが、Portrait DisplaysのAutoCALは、コンシューマ・ユーザーがプロ品質のキャリブレーションを自動で実行できるようにします。

【CalMAN Homeのキャリブレーション内容】

-  ディスプレイのRGBホワイトバランス、色域の状態をグラフィカルに測定表示
-  輝度調整を自動調整(AutoCAL)
-  マルチポイント・グレースケールの自動調整(AutoCAL)
-  色域の6軸CMS(RGBCMYの明度・再度・輝度)の自動調整(AutoCAL)
-  キャリブレーション結果の確認

 

■製品価格と販売開始について

・CalMAN Home for Panasonic
 税別定価:¥20,000.-
 税込定価:¥21,600.-
 製品情報:http://www.edipit.co.jp/products/detail.php?id=183

・CalMAN Home for Sony
 税別定価:¥20,000.-
 税込定価:¥21,600.-
 製品情報:http://www.edipit.co.jp/products/detail.php?id=181

※キャリブレーションを行う為には、CalMAN Homeソフトウェア以外に、WindowsPC、パターンジェネレーター、カラーメーターのハードウェア機器及びネットワーク環境が必要です。

・CAlMAN Homeはエディピットのオンラインストアで2019年6月20日より販売開始致します。(現在は予約受付中)
 https://edipit.stores.jp/?https://edipit.stores.jp/?category_id=5d03312ec3a96750431c6735
 

■プロダクツのGUI画像のダウンロード
https://www.dropbox.com/sh/s3oum25zjvi2nnz/AABM7PGpmYtzhG3oEh_rQPG7a?dl=0
 

本リリースに関するお問い合わせ先:
株式会社エディピット
担当:須佐 嘉則
メールアドレス:infoweb@edipit.co.jp
電話:03-5931-7930 / FAX:03-6685-5864
所在地:東京都中央区銀座5-6-12 bizcube 7F

■ポートレートディスプレイについて:
1993年以来、ポートレート・ディスプレイは、PC、スマートフォン、およびタブレットディスプレイ向けの主要なアプリケーションソフトウェアプロバイダ(ASP)であり、ビデオディスプレイのキャリブレーション・ソフトウェアの世界有数のプロバイダであるSpectraCalが含まれています。同社のCalMANソフトウェアは、ほぼすべてのプロフェッショナルビデオキャリブレータと、ブロードキャスト、プロダクション、ポストプロダクションのほとんどのエンドユーザー、およびホームビデオ愛好家向け映像モニターのキャリブレーション・ソリューションのデファクトスタンダードです。

ポートレート・ディスプレイは、ディスプレイの精度と管理性を向上させるために、OEMディスプレイメーカーとエンドユーザの両方に付加価値の高い機能豊富なソリューションを提供します。
Intelキャピタル・ポートフォリオ・カンパニーであるポートレート・ディスプレイは、米国カリフォルニア州プレザントンに本社を置く民間企業で、ヨーロッパ、台湾、中国、日本、韓国に代表を置いています。
CalMAN、SpectraCal、およびPortrait Displaysは、Portrait Displays、Inc.の登録商標です。
その他の商標は、それぞれの所有者の財産です。

■エディピットについて:
EDIPITはClaMANキャリブレーションソフトウェアの国内正規ディストリビューターです。3DLUT作成、コンバーター製品、映像キャリブレーション製品等のカラーマネジメントのソフトウェア製品、ハードウェア製品のディストリビューション、トレーニング、コンサルテーション及びインテグレーション・サービスをご提供しています。
 

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※ ニュースリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
 
2019年6月17日